【Python】文字列を置換する (replace、translate、re.sub)

文字列を置換する方法を3つ紹介します。

  • 文字列のメソッド str.replace()を使う
  • 文字列のメソッド str.translate()を使う
  • 正規表現 re.sub()を使う

最初の2つ(replaceとtranslate)は置き換える文字列が決まっている場合に簡単に書けます。最後の正規表現を使う方法は、検索する文字列のパターンを決めて置き換えることができるので、より高度な使い方ができます。
“【Python】文字列を置換する (replace、translate、re.sub)” の続きを読む

【Python】 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)

count()は、シーケンス型(リスト、タプル、range, 文字列etc)の共通メソッドで、特定の文字(列)や要素の出現回数をカウントしてくれます。例えば、

  • ある文字列の中に文字”a”が何個あるか?
  • リストに、”Apple”という要素が何個あるか?

こんな場合に便利です。
また、collections.Counter()は、リストに含まれる要素がそれぞれ何個あるのかをまとめて出力してくれます。テキストデータに含まれる単語の出現頻度をまとめて出力することにも使えそうです。
“【Python】 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)” の続きを読む

【Python】文字列を検索する(in演算子、find、正規表現)

ある文字列が部分文字列として含まれているか、またその位置を知りたい場合は、

  • 存在しているかどうかを確認する場合はin/not in演算子
  • 存在場所(インデックス)も取得するならfindメソッド、正規表現(re.search().span())

を用いることができます。
今回は、文字列を検索する方法についてまとめます。 “【Python】文字列を検索する(in演算子、find、正規表現)” の続きを読む

【Python】 in 演算子 /not in 演算子の使いかた

in 演算子(またはnot in 演算子)は、リスト等のデータに指定の要素が含まれているかどうかを確認できます。例えば、

  • リストに、特定の値の要素が存在しているかどうかを知りたい
  • 辞書に、特定のキーが存在しているかどうかを知りたい
  • 文字列、ある特定の部分文字列が含まれているか知りたい

こんな場合に使います。

リストや辞書だけでなく、文字列に含まれる部分文字列の存在を確認する際にも使えます。

“【Python】 in 演算子 /not in 演算子の使いかた” の続きを読む

【Python】 map関数の使いかた

map()は、イテラブルの要素を任意の関数に渡して新たなイテレータオブジェクトを生成する関数です。例えば、

  • リストの文字列の数字の要素をまとめてint型に変換したい
  • リストの各要素の数値をある関数に適用して、その結果を新しいリストで生成したい

こんな場面に使えます。尚、同様の機能はforループや内包表記を使って書くことも出来ますが、可読性や実行効率を考慮して使い分けるのが良いと思います。 “【Python】 map関数の使いかた” の続きを読む

【Python】 内包表記を使ったリストの生成方法

内包表記は、リストを生成するPythonのコードの書き方の一つです。
同じ機能はforループの構文やmap()を使って書けますが、コードの可読性や実行速度の点で内包表記の方が有利であると言われています。

本記事では、まずはforループ、map()関数を使ったリストの生成方法をおさらいした後に、内包表記の基本について述べ、その後、コードの簡潔さと処理速度を比較してみます。 “【Python】 内包表記を使ったリストの生成方法” の続きを読む