[Python] 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)

文字列やリストにおいて、ある特定の文字(列)や要素の出現回数を数えたい!

こんな場合はcount()を使うと便利です。
このメソッドは文字列やリストだけでなく、シーケンス型(リスト、タプル、range, 文字列etc)の共通メソッドとして提供されています。今回は、このメソッドの使い方についてまとめます。
また、

リストに含まれるキーワードがそれぞれ何個あるのか、まとめて知りたい!

こんな場合は、collections.Counter()を使うと簡単に書けます。本記事ではこの関数の使いかたについても記載しています。 “[Python] 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)” の続きを読む

【Python】split関数を使った文字列の分割方法

  • スペース区切りで文字列(文章スペース区切りの入力値)を分割したい!
  • カンマ(,)区切りで文字列(何らかのデータ等)を分割したい!

こんな時は、文字列のメソッドのsplit()を使うと便利です。この関数はスペースやカンマ(,)だけでなく任意の文字列を区切り文字として設定することも出来ます。今回は、この関数の使い方についてまとめます。
“【Python】split関数を使った文字列の分割方法” の続きを読む

[Python] 文字列を検索する(in演算子、find、正規表現re.search、re.findall)

プログラムを書いていると、

ある文字列が部分文字列として含まれているか知りたい!

あるのなら、どこにあるか知りたい!

こんな場面がよくあると思います。こんな時は、

  • 存在しているかどうかを確認する場合はin演算子、
  • 存在場所(インデックス)も取得するならfindメソッド、正規表現(re.find)

を用いることができます。
今回は、Pythonで文字列を検索する方法について上記3つの使いかたについてまとめます。 “[Python] 文字列を検索する(in演算子、find、正規表現re.search、re.findall)” の続きを読む

[Python] 文字列を置換する方法 (replace、re.sub)

文字列を置換するには、

  • 文字列(str型)のメソッドstr.replace()を使う方法
  • 正規表現 re.sub()を使う方法

があります。
前者は、置き換える文字列が決まっている場合に簡単に書けます。後者は、正規表現パターンで表現された様々な文字列を置換することができ、より高度な使い方ができます。
どちらが適しているかは場面によって使い分けることになると思います。
今回は、これらの文字列の置換の方法について、詳しくまとめます。 “[Python] 文字列を置換する方法 (replace、re.sub)” の続きを読む

[Python] リストの各要素のデータ型を変換する:map関数の使いかた

プログラムの中で

  • リストの文字列の要素をまとめてint型に変換したい!
  • リストの各要素の数値データを関数に渡して、その結果を簡単に取得したい!

そんな場面があると思います。
これらはforループを使っても書くことが出来ますが、Python標準の組み込み関数のmap()を使うともっと簡潔に書ける場合があります。
今回は、そんなmap()の使い方についてまとめます。 “[Python] リストの各要素のデータ型を変換する:map関数の使いかた” の続きを読む

[Python] 特定の文字列や空白文字を削除する (strip, rstrip, lstrip、replace)

プログラムにおいて文字列を操作をする際に、

  • 文字列の先頭と末尾の空白文字(スペース)を簡単に除去したい
  • 文字列の末尾にある改行(\n)を削除したい

こんな場合は、文字列のメソッドであるstr.strip(), str.ltrip(), str.rtrip()を使うと簡単に出来ます。
また、replace()を使って任意の文字列を削除することも出来ます。
本記事では、これらの使い方についてまとめます。 “[Python] 特定の文字列や空白文字を削除する (strip, rstrip, lstrip、replace)” の続きを読む

[Python] リストの最大値、最小値とそのインデックスを取得する(max, min, index)

プログラムの中で

  • リストの最大値や最小値を取得したい!
  • 最大値(最小値)を取る要素のインデックスを取得したい!
  • 最大値が複数あるんだけど、全部のインデックスが知りたい!

こんな場合は、標準組み込み関数のmax()、min()およびindex()を使うと実現できます。
特に、最大値(最小値)が複数ある場合は少し注意が必要ですので、このあたりも含めて、基本的な使い方についてまとめます。 “[Python] リストの最大値、最小値とそのインデックスを取得する(max, min, index)” の続きを読む

[Python] 辞書に存在しないキーを登録する(setdefault)

辞書にデータ(key, valueペア)を登録する際に、

キーが辞書に存在しないデータのみ登録したい!

こういう場面があると思います。
今回はこんな時に役に立つ「キーが辞書に存在しないデータのみを登録する方法」として、

  • not in演算子を使ったキーの存在を確認する方法、および
  • 組み込み関数setdefault()を使う方法

についてまとめます。
“[Python] 辞書に存在しないキーを登録する(setdefault)” の続きを読む

[Python] enumerate()の使い方(インデックス付きforループ)

 リストをforループで回して要素を取り出す際に、インデックスも一緒にほしい場合があります。そのような場合はenumerate()を使うと、簡単に取得できます。
 enumerate()はPythonの標準組み込み関数で、イテラブル(リスト、タプル、文字列、辞書など)の各要素にインデックスを付けて新しいイテラブルを生成します。
 本記事では、この関数の使い方についてまとめます。

“[Python] enumerate()の使い方(インデックス付きforループ)” の続きを読む