【Python】正規表現 reモジュールの使いかたの基本

Pythonで正規表現マッチング操作を行うには、標準組込みのreモジュールを使います。本記事では、

  • reモジュールを使った正規表現マッチング操作の基本、および
  • 文字列の置き換えや分割等の文字列操作

について具体例を挙げながら整理します。
尚、正規表現パターンの作り方(書式)については別の記事でまとめていますのでそちらもご参照ください。 “【Python】正規表現 reモジュールの使いかたの基本” の続きを読む

【Python】JSONデータの使い方(jsonモジュール)

JSONは Web APIなどのデータ交換形式としても広く使われているデータ形式です。Python標準の組込みモジュールであるjsonを使ってJSONデータを扱うことができます。本記事では、

  • Web APIからのレスポンスを文字列として取得し、それをPythonオブジェクトへ変換
  • PythonオブジェクトからJSON形式でファイル保存
  • 日本語(非ASCII文字)のUnicodeエスケープ

等について整理しました。
また最後に、実際のWeb APIを使った具体例も記載しました。 “【Python】JSONデータの使い方(jsonモジュール)” の続きを読む

【Python】絶対値の計算方法について(abs, math.fabs, numpy.abs)

数値\(x\)の絶対値 \(|x|\)を求めるには、主に以下の関数を用います。

  • 組み込み関数:abs(x)
  • mathモジュール:math.fabs(x)

また、配列(ndarray)の各要素を絶対値にすることもできます。この場合は、

  • numpyモジュール: numpy.abs(x) or numpy.absolute(x)

を使うのが便利です。
今回は、これらの使い方についてまとめました。

“【Python】絶対値の計算方法について(abs, math.fabs, numpy.abs)” の続きを読む

【Python】指数関数と対数関数について(mathモジュール)

今回は、Pythonの数値演算のうち指数関数・対数関数についてです。それぞれ主に下記の関数を使うことで計算することが出来ます。

  • 指数関数:**演算子、pow()、math.pow()
  • 対数関数:math.log()

他にも、特定の定数(自然対数eの場合など)に特化した場合の関数もありますので、これらも併せて基本的な使い方について解説します。
また、各関数の例としてmatplotlibを使ったグラフも併せて載せています。

“【Python】指数関数と対数関数について(mathモジュール)” の続きを読む

【Python】 三角関数について(mathモジュール)

今回は、Pythonの算術演算のうちmathモジュールを使った三角関数関連についてまとめます。

  • 円周率πの定義、角度変換(ラジアン⇔度)
  • 三角関数、逆三角関数
  • 極座標系との変換

使用例として、それぞれmatplotlibモジュールを使ったグラフも併せて載せています。

“【Python】 三角関数について(mathモジュール)” の続きを読む

[Python] 正規表現を使ったWebスクレイピング

スクレイピングはWebサイトから情報を収集する方法の一つです。これを効率的に行うために、世の中には便利なライブラリやフレームワークがたくさんリリースされています。
しかし、今回は敢えてこの流れに反して、正規表現を使ってスクレイピングをしてみようと思います。これによってスクレイピングの基本を理解できると思います。 “[Python] 正規表現を使ったWebスクレイピング” の続きを読む

[Python] リストを変数に代入する際に気をつけること(参照、およびcopy、deepcopyによるコピー)

リストの要素をひとつだけ変更して新しいリストを作る際に、元のリストも値が変わってしまって困ったことはありませんか?
今回は、このような悩みを解決するために、

  • リスト(に限らずPythonのオブジェクト)の代入のからくり(参照渡し)
  • copy.copy()、copy.deepcopy()を使ってデータをコピーする方法

についてまとめます。 “[Python] リストを変数に代入する際に気をつけること(参照、およびcopy、deepcopyによるコピー)” の続きを読む

[Python] リストの要素の数を数える (collections.Counter)

 list型(リスト)の中にどの要素が何個あるのか知りたい時は、collections.Counter()を使うと便利です。リストに含まれる要素とその数が辞書形式でまとめて取得できます。
 また、この関数によって生成されるCounterオブジェクトは、頻度の高い要素順に並べたり、別のリストの要素のカウントを後から加えたり、特定の要素のカウントを除いたりもできます。
 今回はこれらCounterオブジェクトの使い方についてまとめます。

“[Python] リストの要素の数を数える (collections.Counter)” の続きを読む

[Python] pprintモジュールによるデータ出力の整列化(pprint.pprint)

print文はオブジェクトを画面出力するのにはとても便利な関数ですが、長くなったり複雑な構造をもったシーケンスを表示する時は、横にズラッと並んで見難くなってしまうことがよくあると思います。
そんな時はPython標準組み込みライブラリのpprintモジュールを使って、見栄えをきれいにすることが出来ます。
本記事では、pprint.pprint関数の使い方についてまとめます。

“[Python] pprintモジュールによるデータ出力の整列化(pprint.pprint)” の続きを読む

[Python] 一時ファイルを作成する(tempfileモジュール)

Pythonで一時ファイルを作成するには、組み込みのtempfileモジュールを使うと便利です。ファイル名を指定する方法やファイル名やその格納場所すら気にせず使う方法もあります。本記事ではこれらの使い方について、自分にとっての備忘録も兼ねて、まとめます。

“[Python] 一時ファイルを作成する(tempfileモジュール)” の続きを読む