組込み型

Python

【Python】 map関数の使いかた

map()は、イテラブルの要素を任意の関数に渡して新たなイテレータオブジェクトを生成する関数です。例えば、リストの文字列の要素をまとめてint型に変換したりする場合に使えます。同様の機能はforループや内包表記を使って書くことも出来ますが、可読性や実行効率を考慮して使い分けるのが良いと思います。
Python

【Python】 リストの文字列要素を連結・結合する(join)

str.join()は文字列(str型)のメソッドの一つで、リストの各要素(文字列)を任意の区切り文字(例えばスペースなど)を使って結合することができます。本記事では、この関数を使う際の注意点も含めて、使い方についてまとめています。
2020.02.05
Python

【Python】 特定の文字列や空白文字を削除する (strip, rstrip, lstrip、replace)

テキスト解析の前処理など、文字列の先頭と末尾の空白文字(スペース)や末尾の改行(\n)を削除したい場合がある。このような時は、文字列のメソッドであるstr.strip()、str.lstrip()、str.rstrip()が便利。また、str.replace()を使えば特定の文字列を全て削除することも出来る。
2020.02.05
Python

【Python】 辞書(dict)の要素の追加、連結および削除

Pythonの辞書(dict型)について、要素(key, value)の追加、辞書(dict型)同士の連結、そして任意の要素の削除の方法についてまとめています。keyが存在する場合は挙動が変わりますので注意が必要です。
Python

【Python】formatを用いた書式設定の基本

str.format()は文字列の書式を設定するのに使います。小数点以下△位まで表示したり、右寄せ/左寄せなどの配置設定、任意文字のパディング、そして2進数や8進数変換等といったことが自由度高く設定できます。本記事ではこれについて具体例を中心に判りやすくまとめます。
Python

【Python】リストの要素をソート(list.sort、sorted)

Pythonでリストをソート(並べ替え)するには、list.sort()とsorted()が使えます。list.sort()はリストのメソッドでデータはインプレースに変更されます。sorted()は任意のイテラブルをソートした結果を返します。本記事ではそれぞれの使い方と違いについてまとめています。
文字列

【Python】文字列(str)型の使い方の基本

文字列(str)型は、Pythonの組込み型の一つでUnicodeで定義されている文字で構成されたイミュータブル(変更不可)なデータ型です。今回は文字列の記述方法とstr()を用いた文字列の生成方法についてまとめます。
組込み型

【Python】range型の基本と使いかたについて

range型は、Pythonの組込み型の一つで数のイミュータブル(変更不可)なシーケンス型データを表します。forループをある回数だけ回す時などに使われます。今回は、このrangeの使いかたと特徴、およびリストやタプルとの違いも併せてまとめます。
2019.09.25
タプル

【Python】タプルの使い方の基本

タプルはPythonの組込み型の一つで、リスト(list)と異なりイミュータブル(変更不可)なデータ型です。要素をカンマ(,)で区切ることで生成できます。今回は、こんなタプルの特徴と生成方法など基本についてまとめています。
リスト

【Python】リスト(list)の使い方の基本

listは、ミュータブルなシーケンスの一つで、Pythonの組込み型のうち最も基本的なものの一つです。今回は、このlistの特徴と生成方法などを含め基本的な使い方についてまとめました。