組込み関数

Python

【Python】型を確認・判定する(type関数、isinstance関数)

オブジェクトの型を確認するには標準組込み関数のtype()、判定するにはisinstance()を用います。本記事ではこれらの関数の使い方について具体例と併せてまとめました。
Python

Pythonでリストや文字列を逆順にする(reversed, スライス操作)

リストや文字列等のシーケンスの要素を逆順にする方法について、標準組込み関数reversed()やスライス操作を使った方法を具体例を用いて丁寧に解説します。
2020.06.06
Python

【Python】2進数、8進数、16進数、10進数の変換方法(bin, hex, oct, int)

標準組込み関数:bin(), hex(), oct()による2進数/8進数/16進数への変換、およびint()による10進数への変換方法、またformat()やf-stringでpythonの書式設定を利用した変換の方法について、具体例を用いて解説します。
2020.11.03
Python

【Python】enumerateの使い方(要素とインデックスを同時に取得)

enumerate()は、リストやタプル、文字列などのシーケンスや辞書などの各要素にインデックスを付与して、新しいイテラブルを生成する関数です。例えばforループでリストの各要素とインデックスを同時に取得することができます。
2021.02.04
Python

【Python】任意の文字列を置換する(str.replace, str.translate, re.sub)

Pythonで文字列を置換する関数(str.replace()、str.translate()、re.sub())について、それぞれの特徴と使い方の基本をまとめました。
2021.10.11
Python

【Python】 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)

count()は、シーケンス型(リスト、タプル、range, 文字列etc)の共通メソッドで、特定の文字(列)や要素の出現回数を取得するのに使います。また、collections.Counter()は、リストに含まれる要素がそれぞれ何個あるのかをまとめて出力してくれます。今回は、これらの関数の使い方についてまとめます。
2020.09.22
Python

Pythonで文字列を検索する(in演算子、find、正規表現)

ある文字列が部分文字列として存在しているかどうかを確認する場合はin/not in演算子を使います。また、findメソッド、正規表現(reモジュール)を用いるとその文字列の存在する場所をインデックスで取得することが出来ます。
2020.06.10
Python

【Python】 map関数の使いかた

map()は、イテラブルの要素を任意の関数に渡して新たなイテレータオブジェクトを生成する関数です。例えば、リストの文字列の要素をまとめてint型に変換したりする場合に使えます。同様の機能はforループや内包表記を使って書くことも出来ますが、可読性や実行効率を考慮して使い分けるのが良いと思います。
Python

【Python】 リストの文字列要素を連結・結合する(join)

str.join()は文字列(str型)のメソッドの一つで、リストの各要素(文字列)を任意の区切り文字(例えばスペースなど)を使って結合することができます。本記事では、この関数を使う際の注意点も含めて、使い方についてまとめています。
2020.02.05
Python

【Python】 特定の文字列や空白文字を削除する (strip, rstrip, lstrip、replace)

テキスト解析の前処理など、文字列の先頭と末尾の空白文字(スペース)や末尾の改行(\n)を削除したい場合がある。このような時は、文字列のメソッドであるstr.strip()、str.lstrip()、str.rstrip()が便利。また、str.replace()を使えば特定の文字列を全て削除することも出来る。
2021.10.03