ファイル操作

Python

Pythonでディレクトリ(フォルダ)を作成する

Pythonでディレクトリを新規作成する方法について解説します。ディレクトリを一つ新規作成する場合はos.mkdir()、階層構造になった新規ディレクトリを作成する場合はos.makedirs()を使います。ディレクトリを生成するパスによって使い分けると便利です。
Python

[Python] zip()の使い方(複数のリストの要素を組合わせる)

本記事は、zip()関数の使い方についてまとめています。複数リストの要素を組み合わせてforループを回したい場合に便利です。また、元のイテラブルに戻す方法も記載しています。これは2次元配列の転置にも使えます。
2019.07.13
Python

[Python] ファイル・ディレクトリの削除(os.remove、os.unlink、os.rmdir)

ファイルを削除するにはos.remove()やos.unlink()を使います。また、ディレクトリはrmdir()を使いますが、中にファイルが入っている場合はshutilモジュールを使ったほうが便利です。本記事ではこれらの関数の使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

[Python] フォルダやファイルのコピー、移動、削除(shutilモジュール)

shutilモジュールはファイル・フォルダのコピー(copy、copytree)や移動(move)、削除(rmtree)するのに使えます。特に中身が入ったフォルダでも操作可能というのが特徴だと思います。本記事ではこのモジュールの使い方についてまとめます。
2020.05.05
Python

[Python] tarによるデータアーカイブと圧縮

tar形式は、ファイルアーカイブのフォーマットの一つです。本来tarはファイルアーカイブのみで圧縮の機能はありませんが、Pythonではtarfileモジュールを使ってファイルアーカイブとデータ圧縮まで行うことが可能です。今回はこのモジュールをの基本的な使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

[Python] ZIP形式によるデータアーカイブと圧縮

ZIPファイルフォーマットは、アーカイブ(書庫)とデータ圧縮を行うための標準フォーマットです。Pythonではzipfileモジュールを使ってZIP形式のファイル作成や書庫ファイルの展開などを行います。本記事では、このモジュールの使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

[Python] ファイルの読み込み、書き込み(上書き、追記)について

Pythonでファイル読み込みや、書き込みをする方法についてまとめます。open関数によるファイルオブジェクトの生成やモード指定(読み込み、上書き、追記)からread関数等によるデータ読み込みや、write関数によるデータ書き込みまで、基本的な使い方について記載します。
2019.07.13
Python

[Python] ファイル名やフォルダ名の一覧を取得する

指定したパス内のファイル名やフォルダ名の一覧をリストで取得するには、os.listdir()を使う方法と、glob.blob()を使う方法があります。本記事ではこれらの関数の使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

[Python] フォルダやファイルの存在を確認する(os.path.exists, isfile, isdir)

os.path.exists()関数を使って、フォルダやファイルが存在していることを確認する方法についてまとめています。
2019.07.13
Python

[Python] パスの自動生成および絶対パス・相対パスの取得(os.pathモジュール)

本記事では、Python標準ライブラリのos.pathモジュールを使ったファイル(ディレクトリ)パスの自動生成、および絶対パス、相対パスの取得方法についてまとめています。
2019.09.14