SQL文 基本フォーマットまとめ

MySQL 開発環境

SQL文はデータベースを操作する上でたくさんの文法があり色々なことができます。その反面、(これ方面のプロで無い限り)たくさん有りすぎて全部を覚えるのは結構難しいと思います。そこで、基本的、且つよく使うと思われるものをピックアップし、備忘録としてチートシートとしてまとめてみました。

確認した環境

  • OS:Ubuntu16.04LTS
  • MySQL: version 8.0.12

※自分の環境にMySQLが入っていない場合はインストールが必要です。こちらの記事を参考にどうぞ。
→ MySQLをインストールする

SQL文とは

簡単にまとめると以下です。

    • SQLはデータベースにおいてデータの操作をするためのプログラミング言語
    • SQL文は、この言語の文法に則って書かれた命令文のこと

例えば、”sample_database”という名前のデータベースを作成する際は以下のように記述する。

CREATE DATABASE sample_database;
  • SQLは何かの略語ではない。らしい。

詳細はWikipedia:”SQL”等をご参照ください。

使い方

ターミナル上で以下コマンドを入力すると、mysqlが起動します。
(“USERNAME”は、MySQLインストール時に設定したユーザ名を入力)

:~$ mysql -u "USERNAME" -p
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 9
Server version: 8.0.12 MySQL Community Server - GPL

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> 

MySQLのコマンドラインが開始されました。例えば以下のようにSQL文を入力します。

mysql> CREATE DATABASE sample_database;
Query OK, 1 row affected (0.63 sec)

主なSQL文のフォーマットチートシート

基本的、且つ個人的によく使うと思われるフォーマットをピックアップし、チートシートにまとめました。
mysqlのコマンドライン上で文の最後の;(セミコロン)を忘れずに!
※スマホでは表示が見難いかもですm( )m

操作書式
データベース"database"を作成CREATE DATABASE database ;
データベースの一覧を参照SHOW DATABASES;
現在のデータベースを"database"に切り替えるUSE database;
データベース"database"を削除するDROP database;
テーブル一覧の参照SHOW TABLES;
データベース"database"に、
テーブル"table"を作成
※フィールドは、col1, col2を設定
CREATE TABLE database.table(
col1 int(5) primary key AUTO_INCREMENT,
col2 varchar(10)
)
;
テーブル"table"の削除DROP TABLE table;
テーブル"table"のフィールド詳細を表示desc table;
テーブル"table"に
フィールド"col3"を追加
ALTER TABLE table ADD col3 varchar(20);
テーブル"table"からフィールド"col3"を削除するALTER TABLE table DROP col3;
テーブル"table"のフィールド"col3"の書式を変更するALTER TABLE table CHANGE col3 col3 int(5);
テーブル"table"にレコードを追加INSERT INTO table (col1, col2, col3) VALUES (1, 'a', 100), (2, 'b', 200);
テーブル"table"のレコードを全削除DELETE FROM table;
テーブル"table"のレコードのうち、フィールド"col1=2"のレコードを削除DELETE FROM table WHERE col1=2; 
テーブル"table"のレコードのうち、フィールド"col1=1"のレコードの"col2"の値を変更UPDATE table SET col2='aa' WHERE col1=1;
テーブル"table"のレコードを全部参照SELECT * FROM table;
テーブル"table"のレコードのうち、col1=2のレコードのcol2の値を参照(条件付き)SELECT col2 FROM table WHERE col1=2;  

それぞれの詳細な説明については、MySQL公式サイトをご参照ください。

まとめ

今回は、基本的なSQL文をチートシートのかたちでまとめました。お役に立てれば幸いです。

Learn more...

書籍でもう少し詳しく学びたい場合はこちらもどうぞ。筆者もかなり参考にさせてもらっています!

シェアする
ひびきをフォローする
Hbk project