リスト

Python

【Python】 リスト内包表記の基本

リスト内包表記はリストを生成するPythonのコードの書き方の一つです。適切に使うことでfor文やmap()と比較してコードの可読性や実行速度の点で有利であると言われています。本記事では、このリスト内包表記の基本についてforによる繰り返し文との構造差分について着目して解説します。また、処理速度についても実測結果を用いて確認しています。
2020.05.20
Python

【Python】enumerateで要素とインデックスを同時に取得

enumerate()は、シーケンス(リストやタプル、文字列)や辞書などの各要素にインデックスを付与して、新しいイテラブルを生成する関数です。これを使うと、例えばリストの各要素とインデックスを同時に取得することができ、且つ普通にforループを使うよりも簡単に書くことが出来ます。本記事では、この関数の使い方の基本について具体例を交えて解説します。
2020.04.07
Python

【Python】 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)

count()は、シーケンス型(リスト、タプル、range, 文字列etc)の共通メソッドで、特定の文字(列)や要素の出現回数を取得するのに使います。また、collections.Counter()は、リストに含まれる要素がそれぞれ何個あるのかをまとめて出力してくれます。今回は、これらの関数の使い方についてまとめます。
2020.09.22
Python

【Python】 map関数の使いかた

map()は、イテラブルの要素を任意の関数に渡して新たなイテレータオブジェクトを生成する関数です。例えば、リストの文字列の要素をまとめてint型に変換したりする場合に使えます。同様の機能はforループや内包表記を使って書くことも出来ますが、可読性や実行効率を考慮して使い分けるのが良いと思います。
Python

【Python】 リストの文字列要素を連結・結合する(join)

str.join()は文字列(str型)のメソッドの一つで、リストの各要素(文字列)を任意の区切り文字(例えばスペースなど)を使って結合することができます。本記事では、この関数を使う際の注意点も含めて、使い方についてまとめています。
2020.02.05
Python

[Python] リストの最大値、最小値とそのインデックスを取得する(max, min, index)

リストの最大値や最小値を取得するには、max()、min()を使います。またその時のインデックスはindex()を組み合わせると取得することができます。ただ、最大値が複数ある場合は注意が必要です。本記事ではそのような場合も含めて、これらの使い方の基本についてまとめています。
2019.07.13
Python

[Python] zip()の使い方(複数のリストの要素を組合わせる)

本記事は、zip()関数の使い方についてまとめています。複数リストの要素を組み合わせてforループを回したい場合に便利です。また、元のイテラブルに戻す方法も記載しています。これは2次元配列の転置にも使えます。
2019.07.13
Python

[Python] リストの要素の数を数える (collections.Counter)

collections.Counter()を使って、list型(リスト)の中にどの要素が何個あるのかを取得する方法についてまとめています。これは出現頻度の高い順に並べるメソッドも対応しているので何かと便利です。
2019.07.13
Python

[Python] filter関数の使い方

Pythonの組込み関数filter()は、リストの要素のうち、ある条件を満たした要素を抽出して新しいリストを生成することができます。また、条件を満たさない要素のみを抽出する関数itertools..filterfalse()も便利です。本記事では、これら関数の使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

[Python] all関数, any関数の使い方

Python標準組込み関数のall()やany()は、リストの中に、ある条件を満たしている要素があるかどうか?を簡単にチェックすることが出来ます。本記事はこれらの関数の使い方についてまとめています。
2019.07.13