Python

【Python】小数点の四捨五入、切り上げ、切り捨て(round, math.ceil, math.floor)

Pythonで小数点を四捨五入するには、round()やformat()を使います。一方、切り上げ、切り捨ては、標準ライブラリのmathモジュールを使った、math.ceil()、math.floor()を使います。本記事ではこれらの関数の使い方について具体例を交えながらまとめています。
2020.01.21
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑩> 繰り返し処理(8) ユークリッドの互除法

今回は、ユークリッドの互除法を使った2つの数値の最大公約数を求めるアルゴリズムについてまとめます。
2019.07.13
Python

【Python】 文字列の右寄せ、左寄せ、中央寄せ(zfill, rjust, ljust,center)

文字列を右に寄せて空いた部分を0で埋めたり(0パディング)するには、zfillを使うと簡単にできます。また、rjust(), ljust(), center()を使えば任意の文字でパディングすることも可能です。今回はこれらの関数の使い方についてまとめます。
2020.01.12
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑨> 繰り返し処理(7) 二次元配列の各行の合計を求める

今回は、2次元配列に格納されているデータの各行の合計を求めるアルゴリズムをまとめます。 生徒それぞれについて全科目のテストの合計をまとめて計算したい等、使う場面は多々ありそうです。
2019.07.13
Python

[Python] 辞書の要素の順番を保持する(OrderedDict)

Python3.6時点では辞書データはリストと異なり要素の順番は不定です。辞書型のデータ構造で順番を維持させたい場合はcollections.OrderedDict()を使います。このメソッドで生成される順序付き辞書(Ordered dic...
2019.07.13
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑧>繰り返し処理(6) 配列データの順位付け

今回は、複数のデータを大きい順に順位をつけるアルゴリズムについてまとめます。 データが格納されている配列と同じ要素数の別の配列を準備し、データが格納されている要素と同じ位置に順位を格納します。
2019.07.13
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑦> 繰り返し処理(5) 配列データの最大値・最小値を求める

今回は、配列データの最大値・最小値を求めるアルゴリズムについてまとめます。
2019.07.13
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑥> 繰り返し処理(4) 「番兵」付き配列データの処理

あらかじめ有効な配列要素の個数Nが分かっていない場合のデータ処理については、「番兵」を使う方法が便利です。今回は例として、「番兵」付き配列データの平均値を求めるアルゴリズムについてまとめます。
2019.07.13
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本⑤> 繰り返し処理(3) 配列データの合計値を求める

今回は、配列に格納された数値の合計を求めるアルゴリズムについてまとめます。複数の科目のテストの点の合計や、今月の出費の計算など、使う場面は多そうです。
2019.07.07
アルゴリズム

<アルゴリズムの基本④> 繰り返し処理(2) 配列を使ったフィボナッチ数列

さまざまな数列の値を保持するのには、配列が便利です。今回は、フィボナッチ数列を求めるアルゴリズムについてまとめます。
2019.07.07