データ型

Python

【Python】 リスト内包表記の基本

リスト内包表記はリストを生成するPythonのコードの書き方の一つです。適切に使うことでfor文やmap()と比較してコードの可読性や実行速度の点で有利であると言われています。本記事では、このリスト内包表記の基本についてforによる繰り返し文との構造差分について着目して解説します。また、処理速度についても実測結果を用いて確認しています。
2020.05.20
Python

【Python】 数値型の基本について(int, float, complex)

>Pythonの数値型は整数型(int)、浮動小数点型(float)、複素数(complex)の3種類あります。これらを生成する際には型宣言は必要なく、数値リテラルからPythonのインタープリターが自動的に判断してくれます。本記事では、数値型の特徴や生成方法、そしてそれぞれの組み込み関数の使い方の基本についてまとめました。
2020.05.28
Python

【Python】 辞書(dict)の使い方の基本

辞書(dictionary)はPythonの組み込み型の一つで、マッピング型に属します。key:valueペアの集合を{}で囲って生成します。本記事ではまず、Pythonの辞書の特徴を整理し、その後、項目数やvalueの取得法など辞書の使い方の基本について記載しました。
Python

【Python】 特定の文字や文字列の出現回数を数える(count)

count()は、シーケンス型(リスト、タプル、range, 文字列etc)の共通メソッドで、特定の文字(列)や要素の出現回数を取得するのに使います。また、collections.Counter()は、リストに含まれる要素がそれぞれ何個あるのかをまとめて出力してくれます。今回は、これらの関数の使い方についてまとめます。
2020.09.22
Python

【Python】 in 演算子 /not in 演算子の使いかた

in 演算子(またはnot in 演算子)は、全ての組込みシーケンス型と集合型、辞書に指定の要素が含まれているかどうかを確認できます。例えば、リストにある特定の値が含まれているかどうかを確認する際に使います。また、文字列に含まれる部分文字列の存在を確認する際にも使えます。
Python

【Python】 map関数の使いかた

map()は、イテラブルの要素を任意の関数に渡して新たなイテレータオブジェクトを生成する関数です。例えば、リストの文字列の要素をまとめてint型に変換したりする場合に使えます。同様の機能はforループや内包表記を使って書くことも出来ますが、可読性や実行効率を考慮して使い分けるのが良いと思います。
Python

[Python] 割り算の商と余りの求め方

Pythonで割り算の商と余りを求める方法についてまとめます。/演算子と//演算子の違いや、divmod()関数を使って商と余りを同時に求める方法についても記載しました。
2019.07.13
Python

[Python] リストの最大値、最小値とそのインデックスを取得する(max, min, index)

リストの最大値や最小値を取得するには、max()、min()を使います。またその時のインデックスはindex()を組み合わせると取得することができます。ただ、最大値が複数ある場合は注意が必要です。本記事ではそのような場合も含めて、これらの使い方の基本についてまとめています。
2019.07.13
Python

【Python】 リストを変数に代入する際に気をつけること(参照渡し、copyによるコピー)

Pythonのオブジェクトの代入処理は、「参照」渡しによって行われます。本記事では、この代入処理について解説すると共に、copy.copy()やcopy.deepcopy()を使ったデータコピーの方法についてまとめています。
2020.05.09
Python

【Python】辞書にキーが存在しない時だけ値を登録する方法(setdefault、not in演算子)

辞書にキーが存在しない時だけ辞書に値を登録するには、(1)if not in〜でキーを事前に確認する方法、(2)setdefault()を使う方法が挙げられます。本記事ではこれらについて具体例を用いて丁寧にまとめています。
2020.10.12