データ型

Python

[Python] リストの最大値、最小値とそのインデックスを取得する(max, min, index)

リストの最大値や最小値を取得するには、max()、min()を使います。またその時のインデックスはindex()を組み合わせると取得することができます。ただ、最大値が複数ある場合は注意が必要です。本記事ではそのような場合も含めて、これらの使い方の基本についてまとめています。
2019.07.13
Python

【Python】 リストを変数に代入する際に気をつけること(参照渡し、copyによるコピー)

Pythonのオブジェクトの代入処理は、「参照」渡しによって行われます。本記事では、この代入処理について解説すると共に、copy.copy()やcopy.deepcopy()を使ったデータコピーの方法についてまとめています。
2020.05.09
Python

【Python】辞書にキーが存在しない時だけ値を登録する方法(setdefault、not in演算子)

辞書にキーが存在しない時だけ辞書に値を登録するには、(1)if not in〜でキーを事前に確認する方法、(2)setdefault()を使う方法が挙げられます。本記事ではこれらについて具体例を用いて丁寧にまとめています。
2020.10.12
Python

[Python] 文字列が数字であることを判別する(isdigit, isdecimal, isnumeric)

文字列が数値であるかどうかを判別する方法として、➀int()を使って確認する方法、②文字列のメソッド(isdigit, isdecimal, isnumeric)を使う方法について、具体例を交えてまとめています。小数点はピリオド(.)があるため、数値とは見なされないことに注意が必要です。
2019.07.13
Python

[Python] 浮動小数点型(float)データが整数値かどうかを判定する方法

浮動小数点(float)型のデータが整数値かどうかを判定するには、float型が提供しているis_integer()メソッドを使います。本記事では、この関数の使い方についてまとめます。
2019.07.13
Python

【Python】主な組み込み型のミュータブル、イミュータブル、イテラブル

Pythonの組み込み型には数値型、シーケンス型、集合型や辞書型等あり、それぞれにミュータブル/イミュータブル、イテラブルなどの特徴があります。最初はどれがどれに対応しているか分かり難いので、表にしてひと目で分かるようにしてみました。
2020.05.09
Python

[Python]論理演算 and, or, notについて

Pythonの論理演算子(or, and, not)は、一般的なorやandの考え方と少し違う部分があります。本記事ではそのあたり注意点も含めて、まとめました。
2019.07.13
Python

【Python】set型による集合演算の基本

set型は、集合を扱うデータ型です。順序が無くデータの重複も無いことが特徴です。これを利用してリスト型データから重複を取り除く操作にも使われます。また、他のset型データとの和集合、差集合等の数学的な集合演算もできます。今回はこのようなset型の基本についてまとめます。
2021.10.20
Python

Pythonのイテレータとイテラブルとは

Pythonの参考書や公式リファレンスでよく出てくるイテレータやイテラブルについて、これら意味とそれぞれの違いについて丁寧に解説します。
2020.06.03
Python

【Python】ランダムな数値の生成方法(randomモジュールの使い方)

Python標準ライブラリのrandomモジュールを使ってランダムな数値(乱数)を生成する方法や、データをシャッフルする方法等についてまとめています。
2020.05.11